寛永5年戌子年、開基長林によって建立。当初は「法泉寺」と公称していました。
天正9年7月、豊後の大名大友宗隣入道が九州征伐で、遠賀芦屋城を攻めた時、食料の
用意を八幡高槻の法泉寺に命しました。その夕刻より攻め入り、首尾よく
攻め落としました。その足で肥前(佐賀)龍造寺に攻め入りました。龍造寺はこの時、
大友入道の来た事を聞き、和解を申込みました。大友入道は、戦に勝ち豊後に帰る途中、
法泉寺に立ち寄り戦場で使った槍(槍名三条小鍛冶善龍宗近)を住職に置き土産として
渡しました。この時「善龍宗近」の「善龍」を取り「善龍寺」と改名した…と。
その後移転し、現住職が15代目です。
住所:小倉北区原町2-1-19
近隣交通機関:原町1丁目バス停
TEL:093-561-1514
FAX:093-561-1660